本文へ移動

介護職員等特定処遇改善加算

介護職員等処特定遇改善加算について

全産業を対象としている賃金調査において、介護職員の賃金が全産業の平均と比較し、低いという調査結果が出ています。これまでも介護職員の職場定着のための取り組みとして、介護職員処遇改善加算等の取り組みが行われていました。さらに定着率の向上を目指し、特に現場でリーダー的な役割を担う介護職員の賃金を全産業の平均年収440万円へ引き上げるための取り組みとして、介護職員特定処遇改善加算が設けられることとなりました。

長く勤めること、キャリアアップすることで、それに見合った賃金を得ることでき、給与面での不安から離職することを防ぐことが目的となっています。

介護職員等特定処遇改善加算の算定要件

①介護職員処遇改善加算(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)のいずれかを算定していること

 

②職場環境等要件について、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分でそれぞれ1つ以上の取り組みを⾏っていること


③介護職員処遇改善加算に基づく取り組みについて、ホームページへの掲載等を通じて「⾒える化」を⾏っていること


④サービス種別により定められた、サービス提供体制強化加算、特定事業所加算、⽇常⽣活継続⽀援加算、⼊居継続⽀援加算等を算定していること

               
※詳細につきましては、厚生労働省通知等をご確認下さい。
 

見える化要件とは

具体的には、介護サービスの情報公表制度を活用し、特定加算の取得状況を報告し、 賃金以外の処遇改善に関する具体的な取組内容を記載すること。 当該制度における報告の対象となっていない場合等には、各事業者のホームページ を活用する等、外部から見える形で公表すること。 なお、当該要件については 2020 年度より算定要件とすることとなっております。
 
見える化要件に基づき、特定処遇改善加算の取得状況を報告し、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取組み内容を下記に掲示致します。

職場環境要件の提示

資質の向上
①介護福祉士の受験資格である実務者研修の受講料を補助する制度を導入している。
また職員が自発的に教育訓練を受けられるように、教育訓練休暇制度を導入し、職員が研修や講習を
受けやすい環境を整えている。
労働環境・処遇の改善
①介護ソフトを全事業所に導入することで、情報の共有化を図っている。またタブレット端末を活用する
ことで、介護職員の業務の省力化に繋がっている。
②自動寝返り支援ベッドを8台導入することで、介護職員の腰痛対策を行っている。また見守りケア
システム搭載のベットも7台導入し、介護職員の業務の負担軽減を推進している。
事故防止委員会やサービス向上委員会などの、各種委員会において、マニュアルの見直しや作成
を行っている
その他の取り組み
正規職員転換制度を導入し、積極的に非正規職員に働きかけている。
 

介護職員等特定処遇改善手当の支給方法について

①10年以上の経験及び技能があり、且つ介護福祉士を取得している介護職員
a.特養の主任・副主任 : 20,000円~30,000円
b.特養のリーダー・サブリーダー
  通所の主任・副主任/訪問のサービス提供リーダー : 13,000円~23,000円
C.その他の介護職員(介護福祉士) : 10,000円~16,000円
 
②経験10年未満のその他の介護職員
a.介護福祉士を取得している職員 : 8,000円~12,000円
b.その他の介護職員 : 4,000円~6,000円
 
③その他の職員
a.介護職以外の職員 2,000円~4,000円
 
※上記①②③の介護職員等特定処遇改善手当は、対象事業所に勤務する正規職員及びフルパート職員に毎月支給し、加算金の残金については、①に属する職員に一時金として3月に支給します。
 
 
 

社会福祉法人 盡誠会 
特別養護老人ホーム水郷荘

茨城県稲敷市幸田1252
TEL.0299-79-2319
FAX.
0299-79-3218


1.特別養護老人ホーム

2.短期入所生活介護事業所

3.通所介護事業所

4.訪問介護事業所

5.居宅介護支援事業所

TEL0299-77-7286(直通)

6.地域包括支援センター

7.障害福祉サービス

8.通所型サービスA事業所

9.訪問型サービスA事業所

⒑元気づくり教室

⒒配食サービス

⒓.ふれあい広場 


13単独型短期入所生活介護事業所

茨城県稲敷市光葉2-81

TEL.0299-94-5007

FAX.0299-94-5008

 

 


TOPへ戻る